FXの基礎知識

こんばんは。
今日もあっつかったっすすねー。
前までスーツ着てるおっさんが汗垂らしながら歩いてるの見て、
「おいおい、どんだけだよっ」って思ってたけど
社会人になって分かるようになっちゃいましたね。
自分も社会人になったんだなって感じ。

さっき地元の友達のfacebook見たらFX始めたーとかあって
FXってなんだ?!
社会人だし一般常識として知っとかなきゃでしょ。
ってことでFXの基礎知識ついちゃいましたよ。

<FXとは>
外国為替保証金取引(Foreign Exchange)のこと。

<利益を出す方法>
為替レートの変動を利用して、お金を買ってお金を売ること(もしくはその逆)で利益を得る。
つまり円安に動くときは、円高のうちにドルを買って、円安になったら(ドルの価値があがったら)ドルを高く売る。
円高に動くときは、円安のうちにドルを売って、円高になったらドルを安く買う。

他にもスワップポイント(金利差調整分)という利益を得ることできる。
しかし逆に支払う場合もあるため注意が必要。

手数料が安い、少額から始められる、株式投資などと比べて分かりやすいことなどの理由で
手軽なため人気がでている。

ってな感じで、ふーんなるほど。
だからあいつにも始められたわけね、と納得しなってわけ。

なんかまたまた社会人らしくなっちゃいましたねー笑

FXで失敗した友人がいるんですよね。。
その人のコト思い出してしまって、お金が足りなくなった場合についてちょっと考えちゃいました。

モビットの申込前に読むサイト※家族にバレずに借りれるか検証!
こういうところから借りるというのも1つの手ですね。

プロが勧める自動車保険

こんにちは。
今日は朝から隣町まで卵を買いにドライブしてきました♪
家族がここの卵がおいしいと大絶賛だったので、また買ってきました。
明日の朝食は目玉焼きかオムレツか、それとも卵かけごはんか~。

そうそう、ドライブの途中で自動車保険の更新が近いことを思い出しましたー。
今回も他の保険会社を含めて検討しちゃいますよ~。
ソニー損保か三井ダイレクトか、それともアクサダイレクトか~。

まずはプロ(兄なんですが^^;自称ファイナンシャルプランナー)に聞いてみました。
返ってきた言葉は「おまえに合う保険なんて分からん」
ま、いつも同じなんですがね。
たぶん「合う保険はみんな違うから自分で考えろ」ってことなんだと思ってます。

一応フォローもありましたよ。

総合的に評価が高いのはソニー損保、アメリカンホームダイレクト。
ロードサービスなら、チューリッヒ。
走行距離が多いなら、走行距離が多くても保険料が変わらないSBI損保、三井ダイレクト。
逆に走行距離が少ないならソニー損保。

なんだそうです。
結局は何を重視して決めるかによって変わってくるんですよねー。
それぞれ車の利用目的や距離も違ってますからね。

更新の時期で改めて自分の運転を見直すいい機会になりました☆

信用情報の開示って?

こんばんは。

旦那さまに聞きました。信用情報機関について。

信用情報機関は消費者?を守るための法律によって作られたそうで
この前出てきたJICC(日本信用情報機構)の他にもいくつもあって
それが持っている情報がネットでつながっているらしいです。

そして一番気になる自分の情報が勝手に登録されちゃってるの?というところ。
これは、ローンを組むときの契約書に書いてあるんですって。
つまりローンを組んだことのある人は登録されているということですね。

その登録内容は、信用情報の開示っていうことを申し出れば教えてくれるそうです。

信用情報の開示って?
ローンを組んだ会社が会員となっている信用情報機構に対し、契約者本人が申し出ることによって
どのような情報がどのようにに登録されているかを確認できる制度。
また、現在ローンを組んでなくても過去のものが残っている場合もあるため
現在、登録されているかどうか?ということも確認できる。

申し込み方法は機関によっても違いますが、ネット、郵送、窓口といろいとあり
自分にあった方法で可能です。でも手数料がかかります。

必要なとき(どんなとき?って感じですが)にこんなことができると知っておくとよいですね。

以上、旦那先生の講義終わり!

~PR~
車の査定額をググっとあげる3つの方法※無料で相場を知れます

信用情報機関について

ついにパソコンを買いました☆分割で。

その時「審査が通らない場合は・・・」とい説明があったのですが
通ったのかな?
連絡がないということは大丈夫だったんでしょう。

「でも、審査って何?」って感じで旦那に聞いたら、ブラックリストにのってないか
信用情報機関ってところに確認するんですって。

信用情報機関・・・・ (・・?

指定信用情報機関であるJICC(日本信用情報機構)のHPによると

『「個人の信用」を客観的に表した信用情報を収集し、提供・管理する事業を通じて
消費者と会員会社であるクレジット会社やローン会社などとの健全な信用取引を支えています。
具体的には、会員会社から登録された信用情報を一元管理し、
会員会社からの照会に応じて信用情報を提供することを主な業務としています。』

とのことでした。

実は払えないのに買おうとしている人と分割契約をして
売った側が損をしないようにしているのですね。

買う側としてはなんだか釈然としない機関ですよね。
自分の情報が知らない間に登録されてたりするんですかね。

その辺はまた旦那さまに聞いてみることにします。
旦那さん何やってる人なの?って聞かれそうですがただの会社員ですよ。
弁護士だったらよかったのに~

お小遣いを節約するには

今のサラリーマンのお小遣いの平均は40,000円弱ということです。限られた金額の範囲で1カ月を乗り切るには、やはり、節約しないといけません。

 

節約できるのは、昼食代や飲み代ですね。毎日、外食ばかりでは、高くつきますから、一週間に何回かは弁当を持参するとか、おいしいワンコインランチを探してみるとかという方法もありますね。

 

それから、飲み代は、毎晩のように飲みに行くと飲み代とタクシー代だけでかなりの金額になってしまいます。ですから、節約するには回数を減らすしかありません。毎日遅くまで飲むのは体にも悪いですし。。。早めに帰って家族と過ごすとか、独身なら、資格の勉強でもしてみるとかどうでしょう。

 

お酒を飲むよりも、楽しみにできるものを見つければ、自然と飲む回数も減りますよ。それから、煙草を吸う方はできれば禁煙する(無理なら本数を減らす)のも節約になります。禁煙すれば健康にもいいです。喫煙に起因する病気になる可能性も減るので、医療費も節約できます。

 

いろいろ工夫して、うまく節約できて月末にお小遣いが残ったら、自分へのご褒美にプチ贅沢をするのもいいですね。来月もまた頑張ろうという気持ちになります。節約といっても極端な方法をとると、ストレスがたまって長続きしませんから、生活を楽しみつつ、賢く節約してください。

 

お小遣いが少ない男性が多いせいか、金融機関でお金を借りる人はほとんどが男性だそうです。

最近はテレビCMでもよく見かけるカードローンが便利でいいみたいです。

 

オススメサイト→カードローンの事が詳しく紹介されているサイト

 

上記のサイトをみると、専業主婦でもカードローンを利用できるみたいで女性の借入も多くなってきているそうです。
主婦は生活費のやりくりをしないといけないので大変ですね、、私も主婦なのでお金を借りる人の気持ちがわかります。

闇金とかに手を出さない限り、計画的に利用すれば本当にカードローンは便利だと思います。

家族みんなで節約しよう!

以前にテレビで、夫の極端な倹約にほとほとまいっているという奥さんの苦情を聞いている番組をやっていました。たとえば、その御主人は、節約のためにトイレは1回、1回流さず、まとめて流すそうです。ですから、奥さんがトイレに入って用を足した後に水を流すと、ひどく怒られるのだそうです。

ご主人は節約のつもりでしょうけど、そこまでする必要はないのではないかと。。。。節約は楽しくしたいですね。

それから、もし、結婚しているなら、節約するには、家族の協力も必要です。お父さんが頑張って節約しても、奥さんや子供が浪費していたら、お父さんの努力が無駄になってしまいますから。

ある専門家は、予算を立てるときには「家族全員で計画を練る。そうすれば,決めた予算を超えないという意識を皆で共有できる」と言っています。確かに、子供たちも自分の家の経済状態をある程度把握しているのは大切なことだと思います。子供たちも自然とお金の管理の仕方を覚えて、自立したときや結婚した時に助けになると思います。

あと、ある調査によると、客が購入したもののうち、60%は買う予定のないものだったそうです。つまり、買いものに行くと、ついつい買うつもりが無かったものまで買ってしまうということですね。なので、買い物に行く回数を減らすことも節約につながりますよ。

ろうきんのカードローンの特徴

カードローンは消費者金融や銀行、信用金庫、消費者金融ななどいろいろな金融機関で利用することができます。カードローンを作るときに気になるのが金利ですが、金利が低いカードローンの中にろうきんのカードローンがあります。ここではろうきんのカードローン利用することのメリットをご紹介したいと思いますがその前にまず、ろうきんについて簡単に説明します。

ろうきんは、中央労働金庫(中央ろうきん)をはじめ全国に13の労働金庫を持つ金融機関で、たとえば、中央ろうきんなら関東圏に住んでいるか勤務している方が利用でき、近畿ろうきんなら近畿地方に住んでいるか勤務している方が申し込むことができます。ろうきんは原則どなたでも申し込むことができます。ですから、労働組合などの組合員や生協の組合員でなくても利用できます。

ろうきんのメリットは、やはり金利が低いといいことですが、カードローンの金利は、ちゅうおう労金なら、年5.275%~年8.475%となっています。消費者金融だと最高金利は18.0%程度、銀行の最高金利でも14.5%程度になっていますので、ろうきんの金利はかなり低いですね。また、もし労働組合の会員であれば、金利はさらに優遇され年3.875%~年7.075%になります。

融資金額は最高500万円で、一般労働者の場合は、最高100万円となっています。さらに、ろうきんのカードは、全国の金融機関やコンビニのATMで使え、しかもATM引出手数料がキャッシュバックされます。回数の制限はありません。消費者金融だとコンビニで利用すると手数料がかかりますから、ろうきんのカードローンを利用すればその分を節約できますよ。カードローンが即日で作れるように、クレジットカードも即日で作りたい!という方はコチラもチェックしてみてください。→http://xn--lckh1a7bzah4vue9565aftvb.jp/

クレジットカードの注意点について

クレジットカードっていつでも手放さず持っているので、必ずお財布に入れています。クレジットカードさえあれば、どこにいっても何でもすることができるし、食べ食いにも寝泊まりにも困りません。好きな物だって買えます。言ってしまえば「魔法のカード」のようなものです。

クレジットカードを使う時は、サイン1つで買い物もできてしまうのですが、その分の支払いが必ずやってきます。自分の使える範囲内の買い物にとどめておかなければ、支払えなくなってしまいます。カードのショッピング枠内の額であればカードは使用できます。でも自分の支払える額とショッピング枠は一致していないので、使う額を自分で把握して抑えていかないと大変なことになってしまいます。

クレジットカードのキャッシング枠についても同じように注意が必要です。クレジットカードでのキャッシングは簡単にできてしまうために、あたかも自分の口座からお金を引き出しているような感覚になってしまいがちです。勘違いしたまま、多額のお金をキャッシングしてしまうと、これまた返済で苦しい思いをしてしまいます。クレジットカードは、使い勝手がよくて気軽に使用できるのできるので非常に便利なのですが、自分で使う範囲を管理していかないと、借金地獄に陥ってしまう可能性もあります。

パチンコが辞められない

今日はひるまっからからのんじゃってまーーす。

飲むとだれかと話したくなっちゃうんだけど
平日のこの時間につかまる人なんていないから
ひとりパソコンに向かてまーす。

昨日ひと月ぶりくらいにパチンコしました。
めっちゃ久しぶりですっごい悩んだんだけど
やることないし行くとこないしなんとなぁく入っちゃったんです。
なんとなくじゃなかったんだ。なんかびびっと感じたんだった。

で、結果は大負け。。

もう今すっごい後悔です。
ひと月も我慢できたのにどうしてどうしてって感じで。
もしかしてわたしってパチンコ依存症とかなのかも・・
まわりはみんな就職してから辞められてるのにもう私だけだよ。
とりあえず仕事探さなきゃだね。
そしたら辞められるのかも。

こんなお酒おいしくなーいよう。

GUM14_CL01229
こうなったら現実逃避して
さっきTSUTAYAで借りてきたマンマミーヤ!観ますかー☆☆
この映画何度観てもウッキウキでテンション上がるし
泣けるしキュンキュンするし救われるんだよね。
もうマンマミーヤに助けてもらうしかないよーっと。

そういえば、専業主婦の友達がカードローンを作ったって話してたな。

専業主婦でも作れるのがビックリ。このサイトに書いてありました。→【専業主婦OK】カードローン特集※家族に内緒で借入可能か検証しました

よし!
ポテチとポッキー用意してテレビの前で生き返ってきます!!では!

借入れ初体験者は語る

借入れ成功!?

ILM18_BA03003こカードをもって、さっそくコンビニのATMへ。どこで融資を受け取れるかも重要なポイントでした。提携している銀行でも可能だけど、自由な時間にお金が引き出せるコンビニが利用できるところが増えているので、そういうサービスがあるところがオススメです。

急いで現金が欲しい人は、店頭に受け取りに行くという方法もあるようですけどね。僕の人生初のキャッシングサービス利用は大成功ですかね。ただ、お金を借りたってことは返済していかなければいけません。自分の所有している口座からお金を引き出しが感覚になりがちですけど、その点だけ勘違いしないように気をつけなければ!

今回は、すぐに返済できる目途が立っているために、大丈夫かなっと思って手を出したんですけどね。業者によっては一ヶ月以内に返済すれば、利息はタダなんていうキャンペーンを実施しているところもあるみたいなんで、計画的であれば利用するのもよいと思います。僕は小心者なんで、返済できる自信がなければ借入れしようと決心がつかない気がするのですが、こんなに簡単に気軽にキャッシングできてしまうと危険ですね。

この手軽さを覚えてしまうと、借入れが当たり前のことのようになって、やがて借金地獄に陥ってしまう・・・という状況もわからなくもないですね。

お気に入り